TOPへ戻る 漆のはなし 会社案内 リンク
■会津塗  ■山中塗     ■紀州塗   ■高岡塗 ■越前塗    ■香川塗   ■若狭塗 ■輪島塗   ■日光彫 
■川連塗  ■飛騨春慶塗 ■駿河工芸 ■木曽塗 ■加賀桐工芸 ■小田原塗 ■秋田塗 ■青森ブナコ ■桜皮細工
◆16世紀後半に会津藩により振興が図られ発展した会津の漆器。
変わり塗や、会津絵・錦絵などが特徴です。
華やかななかに上品な落ち着きがあるので、めでたい席などにふさわしい漆器で、一つ一つの漆器が職人達の技を物語っているのです。(福島県)
               
▲商品を見る
◆安土・桃山時代より始まり、発展してきた山中の漆。
茶道具を中心とし、加飾挽きや薄挽き、また轆轤挽き物は山中漆器の大きな特徴であり、全国一の木地轆轤挽き物産地となっています。
素朴さの中にも力強い存在感があるのがこの漆器の特徴です。
(石川県)

               ▲商品を見る

◆安土・桃山時代に秀吉の兵火より四散した根来寺の僧から伝えられたというこの紀州塗り。曲げ物、板物、挽物など多種多様な漆器を産し、根来塗、変わり塗、沈金、消蒔絵を施す本格的な物まで幅広く、4大産地のうちの一つと数えられています。(和歌山県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆古くから中国からの技法を取り入れ独自の境地を開いた高岡塗。彫刻塗・勇助塗・青貝塗の3種が特徴です。美しくも温もりを感じられる光沢と感触、品のあるデザインは伝統に培われた技法と職人達によるものです。(富山県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆別名河和田塗としても知られ、堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢には、漆という天然素材が持つ美しさをみることができます。実用に耐えるつくりと、しっとりと肌になじむ心地よさに加え、洗練された美しさが魅力です。(福井県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆19世紀はじめ、中国などから伝来した漆技法に日本古来の技法を加え、新しい漆塗り技法を開拓したのがはじまりといわれる香川塗。蒟醤・存清・彫漆・後藤塗・象谷塗など特色ある技法を用いた小物漆器類や大物家具類などが有名です。(香川県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆17世紀初頭に小浜範の御用主が、中国の「存星」という技法にヒントを得て始まった若狭塗。「研ぎ出し変わり塗」という技法を使い、卵殻。貝片・松葉など用い、そに模様を引き出す技は、様々な表情があり、神秘的な美しさを醸しだしています。(福井県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆堅牢かつ優美な輪島塗。ひとつの器を作るのに、気の遠くなるような行程120以上。時間と手間を惜しまずにかけた、一生物の漆器です。(石川県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆今より約三百数十年前、日光廟造営の際に諸国の工人が日光に集まり竣工後も永住して日光彫りの基礎を開き、その伝統を受けついだのが現在の日光彫です。主に栃又は桂材を用い、彫にはヒッカキと言う日光独特の刀を用いて、勢いのある線を彫り出しております。(栃木県)
               
▲商品を見る
▲ページTOPへ
◆今から八百年前、稲庭城主だった小野寺重道の弟、道矩が、この地の豊富な木材と漆を利用して、家臣に内職として武具に漆を塗らせたのが始まりと言われています。堅牢で実用的、かつ手ごろな値段という、誠実な漆器作りを続けることで、一歩一歩着実に信頼度を高め、国の伝統的工芸品に指定されました。(秋田県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆黄金色に輝く透明感のある美しい上塗りは秘伝の生漆。木目の持ち味を活かした風合はまさに木地師と塗師の共同作業のたまものです。(岐阜県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆駿河工芸といえば、竹細工や駿河鎌倉彫などの花浮き彫をほどこした漆芸品で、洋風家屋にもマッチし、年月を経てますますその存在感が顕われる逸品です(静岡県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆木曽檜に代表される良材と、漆器作りに適した気象条件に恵まれ、600年前から続いている木曽塗。木肌の美しさを活かす春慶、幾層もの漆により斑模様を表す堆朱塗、彩漆で幾何学模様に加飾する塗り分けなどがあります。(長野県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆加賀百万石の伝統文化が今も息づく城下町・金沢が生んだ全国に類を見ない独自の伝統工芸です。加賀蒔絵の伝統が、金沢桐工芸の基礎を作り上げました。

(石川県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆どっしりとした安定感があり、使い込めば使い込むほど漆の透明感は増し、木目が鮮やかに引き立ちます。シンプルですが技の鍛錬で培ってきた確かさがここにはあります。(静岡県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆日本三大美林の一つ秋田杉をはじめ、良質の木材にめぐまれた秋田塗。自然の温もりを最大限に生かしています。丈夫で、使い込むほどなじんでいくので、手作りのよさがいつまでも感じられます。(秋田県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆蓄積量日本一を誇る県産ブナ材を素材としてつくられているブナコ。年輪を思わせる模様が美しく、割れ・ゆがみがなく気候の異なる場所でも安心して使えるのが特徴です。手に取ると、手作りのあたたかいぬくもりが伝わってくる、青森ならではの工芸品です。(青森県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ
◆桜皮使用の工芸品は有名な正倉院御物にもみられ又古文献万葉集、源氏物語の中にもみることが出来ます。湿気をさけ乾燥を防ぐ特質をもっており、茶入・喫煙具には特に喜ばれております。(秋田県)

               ▲商品を見る

▲ページTOPへ